eでんちトップページ

どうする?2019年問題

HOME | 太陽光発電2019年問題

2019年問題とは

2009年11月からスタートした太陽光発電の「固定価格買取(FIT)制度」は10年間で売電期間が終了してしまいます。そのため、今まで太陽光発電の余剰電力を電力会社へ売電していたご家庭は、2019年より順次売電期間が満了していくことになります。つまり、ご家庭の太陽光発電設備で作った電気を高い単価で電力会社に売ることができる期間が終了してしまいます。これが太陽光発電の2019年問題です。

売電期間終了

売電終了世帯の推移

2019年に固定価格買取制度が終了するご家庭は何と約53万世帯にもなるといわれ、その後毎年約20~30万世帯以上ずつ買取期間が終了していきます。

FITを卒業する住宅用太陽光発電の推移(年別)
買取期間終了世帯年別推移
FITを卒業する住宅用太陽光発電の推移(累積)
買取期間終了世帯累積推移

今後の対応

それでは、売電期間が終了していくご家庭の方々はこの2019年問題に対してどのように対応するべきなのでしょうか。
対応は大きく2パターンに別れます。

蓄電池を導入して自家消費

蓄電池を導入

日中太陽光発電で発電し、余った電気を蓄電池にためて、太陽光発電ができない夜間等に使います。

電力会社等と買取契約

電力会社と契約

大手電力会社や新電力による売電期間終了対象家庭に向けた電力買取サービスを利用します。

オススメは蓄電池の導入

大手電力会社や新電力へ売電をする場合の売電価格は、5~12円/kWhとなり、固定価格買取(FIT)制度期間中と比べ大幅に低くなってしまいます
蓄電池を導入し自家消費をすることで、電力会社から購入する電力を最小限にでき、経済的なメリットが大きいと言われています。

自家消費

お問い合わせ

最安値の蓄電池を無料見積

フリーダイヤル
0120-821-049

受付時間 10:00-18:00(土日祝除く)

LINEで問い合わせができるようになりました

「友だち追加」をクリックして、eでんちを友達に追加していただくとLINEでお問い合わせが可能になります。
 
友だち追加
製品情報製品情報
太陽光発電2019年問題太陽光発電2019年問題
取扱メーカー(一例)
シャープ
オムロン
パナソニック
ニチコン
長州産業
京セラ
東芝
NEC
コネックスシステムズ
Qセルズ
フォーアールエナジー
蓄電池卸販売
固定価格買取制度
買取期間終了後の対応
お電話でのお問合わせ
0120-821-049

受付時間
10:00-18:00(土日祝除く)